自転車の価格、 どこが違う?【ママチャリ編】

自転車の価格、 はどう違う?

自転車選びの問題の一つは当然【価格】ですよね。

一般的なママチャリの価格は¥10,000からあると思います。

高いので¥80,000ぐらい、

これらの価格差順番づつ紹介していこうと思います。

1、¥10,000~¥20,000

この価格帯では、最小限までコスト削減のため、

ほぼすべてのパーツにスチール(鉄)の部品

付いているため、重い、錆びる、壊れる3拍子がそろっております。

そして大手自転車メーカーはこの価格帯ではラインナップがありません。

一部を除き大手自転車メーカーでもこの価格帯の物もあります。

ですが、耐久性メンテナンス性に関しては低く、タイヤはすぐ減り

ブレーキはすぐキーキー鳴り錆びも目立ちます。

あまり自転車に乗らない方で、こだわりがない人であれば、この価格帯は魅力的だと思いますが

傘のような使い捨て感覚の自転車の価格帯とも言えます。

2、¥20,000~¥30,000

この価格帯ではまだ大手自転車メーカーのラインナップは少ないです。

気になる価格の差ですが、基本的には使い捨て自転車と同じ内容のものが多く。

装備品が増えるだけです、例えば、オートライト(自動ヘッドランプLED)

ローラーブレーキ(キーキー言わないブレーキ)、多段変速が付く(ギア)

かごが大きくなる、などの装備が増えるだけで安い自転車と基本は同じですので、

壊れやすいです。

3、¥30,000~¥50,000

ここら辺でようやく、壊れにくくなり、大手自転車メーカーにラインナップが出ます。

ホイールはアルミからステンレスへ、フレームは頑丈になり、

一部ではアルミ製フレーム

基本的にスチール(鉄)の部品を使っているところが少なくなり

錆びにくい車体へとなります。そしてタイヤも少し持ちがいい物に変わります。

4、¥50,000~¥80,000

ママチャリでは最高級にあたる価格帯で、

大手自転車メーカーのラインナップではフラッグシップモデルにあたります。

この価格帯が当然一番長持ちし、

トータル的なコストパフォーマンスからみたら一番安い買い物です。

自転車の重要な部品、フレーム、ホイール、ブレーキ、タイヤ、変速機(ギア)などの部品が

頑丈なものへと変わります。その他、ほぼすべてのパーツがステンレスに変わり、

錆びにくく、壊れない、頑丈な自転車に。乗る人は10年以上乗ります。

¥80,000の自転車を、単純計算10年だとしたら

【年/¥8,000】=【月/約¥670】で乗れる計算です。

さすがにタイヤ、ブレーキパッド、その他消耗品メンテナス費除いた金額ですが。

それでもコストパフォーマンス、安全性、快適性すべてにおいて優秀です。

お分かり頂けたでしょうか?ぜひ品質のいい製品をお買い求めください、損は絶対しません。

(中にはすぐ盗まれるから安いのでいいという悲しい人もいますが・・・。)

余談ですが、

現代では、自転車は傘のように使い捨てにされ、放置され、大切にされなくなっています。

日本はエコを全面的にアピールしていますが、(ハイブリッド自動車、省電力製品など)

次々と新製品が登場しては、古いものが消え去っていく中で

使い捨て、頻繁な買い替え、日本人の物を大切にする、

「もったいない」の精神はどこに行ったのでしょうか。

使い捨てにされ、放置されている自転車は環境破壊ではないのでしょうか?

そして使い捨てのような品質の悪い自転車製品を製造、販売する、

自転車業界のモラルは無くなったのでしょうか。

需要と供給があったとしても、それは良いことと言えるのでしょうか?

長持ちする製品は高いです、ですが品質のいい製品を買い、それを末長く使う。

それが本来、エコの姿ではないでしょうか。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。